去年の1月に、劇場で観た映画はブログに記録しようと決めたのだが、3月で止まってしまっていた。もう3月の下旬だけど仕切り直しで今年の1月ぶんから書いていくようにしたい。今年はきちんと12月まで続けたいと(いまは)思っている。いや、せめて6月までは。

『毛皮のヴィーナス』
 ポランスキーおじいちゃんの新作。前作『おとなのけんか』は4人の会話劇だったが、今回は終始ふたりのみ。そういやポランスキーの長編デビュー作『水の中のナイフ』も3人しか出てこない話だったので、最近の流れは原点復帰なのだろうか。
 欲望を介した男女のパワーゲームであると同時に、ポリティカル・コレクトネスについての話でもある。マチュー・アマルリックはものすごく巧かったが、エマニュエル・セニエは役柄的にもっと若い女優のほうがよかったのでは……。まあ、ポランスキーの「この役を自分の奥さんにやってほしい!」という気持ちもよくわかるけど……。文化系隠れミソジニー男である脚本家のトマが断罪される話だが、トマを演じるマチュー・アマルリックが大きな眼を欲望に濡らしてふらふらになってるさまが最高にチャーミングでぜんぜん憎たらしく思えないのが、いいのか悪いのか。まあ眼福だったのでよし。

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』
 クローネンバーグ版『サンセット大通り』あるいは『マルホランド・ドライブ』つまりハリウッド残酷物語。クローネンバーグの前作『コズモポリス』は観ているあいだ完全に置いてきぼりをくらい、自分がなにを観ているのかもよくわからなくなってしまったが、これはちゃんと面白かった。清と濁のコントラスト(まあどちらも狂気ではあるわけだが)が鮮やかで、どす黒く悪意たっぷりの話のわりには後味爽やか。
 珍しく金髪のジュリアン・ムーアは平素と違い(いや、プライベートを知っているわけじゃないけど)最高にバカそうで、ロバート・パティンソンはやっぱりクローネンバーグ作品限定でうつくしくて、ミア・ワシコウスカはキュートで(役柄は凄まじいが)あのボブヘアを真似たいなあと思って映画館のトイレの鏡を見て現実に戻りました。

『ANNIE/アニー』
 祝・ラジー賞「最低リメイク・パクリ・続編賞」受賞! 元シンガーという設定のキャメロン・ディアスがいちばんウタヘタだったのはご愛敬。秘書役のローズ・バーンがチャーミングで良かった。映画のなかでさんざん明るく爽やかな「Tomorrow」を聴いたあとに、エンドクレジットで駄目押しのように流れる平井堅バージョンのねっとり歌唱のハーゲンダッツみたいな味の濃さよ……。

『百円の恋』
 とにかく主演の安藤サクラがすごいボクシング映画。私が32歳だったら、映画館から出るなり近所のボクシングジムを検索しただろう。途中までしつこいシーンやギャグにううーむ……と冷めていた部分もあったが、終盤で肉体の持つ説得力がすべてをねじ伏せてなぎ倒していく。安藤サクラのフットワークのうつくしさ、そして白目を剥いたぼこぼこの顔の壮絶さ。
 トレーナー役のひとは演技とは違う真実味があり、あのジムの本物の従業員を起用したのだろうかと気になったのだが、トレーナー兼俳優とのことで納得。しかし、ホテルで襲われるシーンに笑いを入れてくるのは観ていてもやもやしたし、いま思い出してもやっぱりもやもやする。

 2014年3月に映画館で観た映画は、『アナと雪の女王』『愛の渦』『LIFE!』『ラヴレース』『レゴ(R)ムービー』の五作品でした。以下、覚え書き。

『アナと雪の女王』
 ディズニーのミュージカルアニメ。初のダブルヒロインが売りのようだけど、「根暗で抑圧されていて最後まで男に興味なし!」というエポックメイキングなディズニープリンセスが誕生した映画でもある。「天真爛漫でだれとでもすぐ打ち解けられて恋愛脳」な既存のコンサバな善い娘のディズニープリンセスに馴染めない女児にとって、雪の女王=エルサという新しいプリンセスが救いになればいいなあと思う。
 王子さまと結ばれてめでたしめでたし、とは違う結末に着地した今作を観て、同じアンデルセン原作である(といっても今作は原作とはまったくべつの話になっているわけだけどね)『リトル・マーメイド』は、原作をむりやり改変して王子さまとくっつくラストにするのではなく、ほかのしあわせを見つける結末にすべきだったんだ! と感じた。
 いわゆる毒親問題を扱っていた『塔の上のラプンツェル』といい、最近のディズニープリンセスはコンサバを脱却して現代的なテーマを盛り込もうという意図が見えるので、十年後ぐらいには「からだは男の子だけどこころは女の子」なプリンセスが登場すると予想。
 ところで終盤はミュージカルであることを放棄しちゃっているのは、進行スケジュールに問題があったのでしょうか? 天下のディズニーがそんなこと……と思うが、でも終盤にあと三か所は歌が欲しい場面があったんだよなあ。歌の場面はどれもよかっただけに。

『愛の渦』
 乱交パーティに集った男女のひと晩を描いたドラマ。だれもアクションを起こせずに気まずく時間だけが過ぎていく序盤に、「菓子なんてどうでもいいから酒もってこい! 酒! しらふは厳しいだろ!」と思ったが、現実でも薬物使用を疑った警察が乱交現場に踏み込んだら薬物どころか酒すらほとんど見つからなかった、っていう事件があったし、そういうものなのかもしれない。
 ところでせっかくの乱交なのに一対一のプレイしか出てこないのは、マンツーマンが売りの塾かなんかのつもりなんでしょうか? 違うメンバーによる『愛の渦2』をぜひつくってほしいけど、そのときは複数プレイも盛り込んでください! そっちのほうが人間関係の機微の面白いところを引き出せると思うんだよなあ。あと、女子大生のあの子をあいつが独占しているのも、私はたいへん異論がありますね! ラスト、甘い結末になったら厭だなー癪だなーと思いながら観ていたので、違った方向に話が転がって、すっとしました。

『LIFE!』
 ベン・スティラー監督・製作・主演の……なんだろ……人間ドラマ? 少なくともコメディではない。雑誌「LIFE」の写真管理部で働く空想家で冴えない主人公が、あるものをさがして世界に飛び出していく話なのだが、そのかんじんの“あるもの”に対して「ん? そこにあるんじゃない? ちゃんとさがした?」と思っているうちに話がどんどん進み、結局最初に予想したとおりの場所から出てくるので、私がこの主人公だったら開始十分で終わってしまうよ……と思った。だけどアイスランドの風景はうつくしくて魅力的で、行きたくなりました。

『ラヴレース』
『ディープ・スロート』で一世を風靡した伝説のポルノ女優、リンダ・ラヴレースの半生を描いた映画。前半はカトリックの両親と暮らす娘が恋をして家を出てポルノスターになる過程が描かれているが、後半では時間軸が行きつ戻りつし、その陰で夫から振るわれていた暴力のことが暴かれていく。ポルノ女優の話と聞いてエロ目的で観に来た男性客が、後半のDV話で萎えたであろうと想像すると、「ご愁傷様」という気持ちが半分、「ざまーみろ」という気持ちが半分。
 もうちょっとポルノ業界の華やかでいかがわしい部分を見たかったのが本音だけど、引退後に反ポルノの活動家となったリンダ・ラヴレース本人への敬意を込めたつくりになっているのでしょうがないかなあ。本人の自伝をもとにしているので、「たった一本しかポルノには出ていない」という嘘をそのまま採用しているのは、まあ、どうなんでしょう。
 アマンダ・セイフライドはとってもチャーミングだし、ちゃんと脱いでいますよ! 垂れぎみの乳房がナチュラルでプリティ!

『レゴ(R)ムービー』
 ブロック玩具のレゴを題材にした3Dアニメ。炎や波や煙といったエフェクトまですべてレゴでつくられている映像は、とても楽しい。おしごと大王の頭部にマグカップのパーツがついていたりとレゴのパーツひとつひとつに対する愛を感じられるし、さまざまなパロディネタがおなかいっぱいになるほどてんこ盛り。ものづくりはクリエイターだけのものではなく万人に解放されている喜びである、というニコ動賛歌のようなお話だった。終盤の展開を真に受けた子どもがお父さんの鉄道模型を破壊して家庭が大惨事、という事件が起こっていないことを祈ります。
 そうそう、予告編に登場する「いまでしょ!」「じぇじぇじぇ」「お・も・て・な・し」などは本編にいっさい出てきませんので、ご安心を!

 2014年2月に映画館で観た映画は『エンダーのゲーム』『アメリカン・ハッスル』『ラッシュ/プライドと友情』『かぐや姫の物語』『新しき世界』の五本でした。以下、覚え書き。

『アメリカン・ハッスル』
 七十年代アメリカで、詐欺師とFBI捜査官が手を組んである計画を進める話。無茶なハゲ隠しヘアに、カーラーで巻いたアレンジヘア、黒人風ぐりぐりカーリーヘア、ふんわりリーゼント。ひとはだれもが髪型で他人(や自分)を欺いているのだ、と言いたげな登場人物たちの頭部を見ているだけで面白い。
  役者がみんな血の通った演技をしているところが良かったが、そのなかで唯一血を感じさせないデ・ニーロの恐ろしさ! 『ニューイヤーズ・イブ』の死んでいく入院患者のじいさんも『マラヴィータ』の間抜けなお父ちゃんもみんな幻だったんや!
 監督のジェニファー・ローレンス愛が強すぎるあまり、全体のバランスが悪くなっているのでは……と感じたが、力業でねじ伏せられて、最後にはこれはこれでいっかと思えるように。エミリー・アダムスを見ていたら、『ダウト』や『ザ・マスター』で共演していたフィリップ・シーモア・ホフマンを思い出し、切なくなった。ご冥福を。

『エンダーのゲーム』
 八十年代に書かれたSF小説の映画化。原作は短篇バージョン(短篇を膨らませた長篇バージョンもある)のみ既読(だけどぜんぜん憶えていなかった)。
 エンダー役のエイサ・バターフィールドの眉間にすべてがかかっている作品だった。苦悩によって常時しわが寄っている、幼さと老成が共存した少年の眉間を堪能する、そのための映画! ハリソン・フォードやベン・キングズレーはただの小道具! それにしても子どもの成長の早さにはびっくりさせられますね。つい最近のように感じる『ヒューゴの不思議な発明』のときはちびっこかったのに、いつのまにかひょろりと背が伸びていて……。
 エンダーがモノローグで"Dear Valentine"と姉に呼びかける箇所が、字幕ではすべて「姉さん」になっており、何度も高嶋弟の「姉さん事件です!」が頭をよぎった。そう意識してみると、しわのよった眉間が高嶋弟の困り眉に似ているような気が……やっぱりしない。
 ところで、CGが進化すればするほどいざ宇宙人が登場した場面で白けてしまうのは、私だけでしょうか。だからといって、『宇宙人東京に現わる』のパイラ星人みたいな着ぐるみ宇宙人がいいわけじゃないけど。

『ラッシュ/プライドと友情』
  実在のF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントのライバル関係を描いた映画。減点ポイントがひとつも見あたらない、すみずみまで神経が行き届いた端正な作品だった。「フォーミュラってなんだべ?」レベルの自動車レースについて無知な私にも、説明的な台詞や場面をいっさい使わずにすんなり理解させてくれるていねいなつくり。
 この映画で描かれているラウダとハント、どっちに萌えるかっていったら断然ラウダでしょう! と思ったけれど、ハント派もけっこういるようで、ひとの好みはばらけるようにうまくできている。それにしてもこの邦題は、ふたりのあの絶妙な関係を陳腐化してしまっていてよろしくないのでは。

『かぐや姫の物語』
 公開から二か月以上経ってから重い腰を上げて観に行った。序盤は「アニメーションとしての快楽はあるけどこれが二時間以上続くのはしんどいかも……」と思っていたが、姫たちが都に引っ越したあとは感情を揺さぶられて苦しいほどだった。
 古典の『竹取物語』について、求婚者たちに無理難題を突きつけたあげく「迎えが来た」とかほざいて月に帰る、傲慢な女の話だという感想を持っていた(さらにアディーレ法律事務所のCMでは、「でも月からは遠いし……」と育ての親である翁と媼に借金の返済を押しつけて月に帰ろうとしている! ひどい!)。
 だがこの映画のかぐや姫は、「女の子の生きづらさ」を託されたことにより、現代的なヒロインとして血肉を得て、観る者の胸に迫ってくる。酔った男たちが下品な品定めをしているのを御簾ごしに聞いた姫が、貝合わせの貝をぱりんと割るシーン(あの疾走の凄まじさ!)からあとの約一時間、私はほとんどずっと泣いてしまった(余談だが、貝合わせの貝は対になっていてぴったりマッチングするのはひとつだけなので、女はただひとりの相手と添い遂げるべきなのだと女児に教える性教育的遊具でもある)。
 なんで八十近いじいさん(高畑監督のことね)がこういう感情を知っているのだろう、いまこれを描くべきだと思ってくれたのだろう、と泣きながらずっと驚いていた。まるで特別なギフトをもらったような映画体験だった。
 そして終盤、さんざん苦しんだ果てに頑なにこころを閉ざすようになった姫が、汚濁にまみれた世界での辛苦にこそ生の喜びがあるのだ、と気付く鮮やかな反転。こころを武装せずに素朴な欲望に身をまかせればよかったのだと悟ったのに、月からの迎え(=寿命)が来てしまうという残酷なシステム。
 当初同時公開を予定していた『風立ちぬ』のヒロイン菜穂子は、男が考える典型的な理想の女性像だと批判も上がった(私には菜穂子は「理想の女性」の皮をかぶった情念どろどろ系女に見えるけど)。孤独にフェミニズム的な闘いを続けるかぐや姫と、呪縛のような恋に命を投げ出し周囲に迷惑をかける菜穂子は、どちらもわがままヒロインだがベクトルがまったく違っていて比較対象として面白いので、やっぱり同時公開が良かったなあ。

『新しき世界』
 やくざモノ+潜入捜査官モノの韓国映画。フロント企業内で対立する貴乃花とアリキリ石井、主人公の松重豊(あるいは宮川一朗太)、後半に急浮上する小沢一郎。知らない韓国人俳優がスーツでずらずらと出てくるので、以上のように把握した。男の顔をぬめっと撮るカメラはエロくて、おっさんたちの抗争をやたら官能的に見せてくれた。女のおっぱいひとつ出てこない映画なのに、男たちの皮脂と汗と血と葛藤と愛憎だけで充分エロエロしい。ごちそうさまです!
 葬式、不起訴、満員のエレベーター、倉庫といった場面が後半にまったく違う状況で再登場するのが凝っていて良かった。なによりも二度めの倉庫シーンの、胃が痛くなるほどのハラハラ感!