おてんば一年生 表紙
 先日、近所の古本屋で超ファニーなカバーの文庫をゲットした。レーベルは秋元文庫。帰ってから調べたところ、秋元文庫はいまで言うライトノベルの走りのようなものだったらしい。これはそのなかでもコメディタッチの学園モノをラインナップした、「ファニーシリーズ」のなかの一冊だ。初版は昭和49年。思ったほど古くない。

おてんば一年生 本文1
 本文ページにも挿絵が。右下にいるイヤミな取引先の課長みたいな顔をした人物は、おっさんではなく主人公の友人・初江である。後ろの子も宇宙人っぽくて怖い。

 さて、かんじんの内容だが、残念ながらイラストほどネタ的なつっこみどころはない。『おてんば一年生』こと主人公の藤倉千冬は高校一年生。三姉妹の末っ子で、となりに住む本間家の三兄弟のまんなかの次郎とクラスメイトだ。花嫁修業中でお見合いをしている三姉妹の次女・千秋と、三兄弟の長男・太郎との恋を軸に、話は進んでいく。
 で、主人公の千冬だが、「おてんば」という軽い言葉で表現していいレベルじゃないんでは……? と不安になるほど精神年齢が低い。三兄弟の末っ子である八歳の三郎といつも本気で悪戯を仕掛けあっている。
おてんば一年生 本文2
 けっこう発育が良さそうなのに、小学生の水鉄砲に本気で怒る千冬。サービスカット?

おてんば一年生 本文3
 姉のお見合い相手が気に入らないので、手品をすると嘘を言って彼の仕立てたばかりのズボンをはさみで切ってしまう傍若無人っぷり。ひどすぎる。

「あたしが大きくなったら、オムコさんをもらって、この家をつぐわよ」
 と千冬は悲痛な気持ちで申し出たつもりだった。
 ところが、彼女の顔をながめたおとうさんは無言で頭を振り、おかあさんにいたっては、姉の千秋よりももっと大きなタメ息をもらしたきりだった。
 まだ、カガミと相談したことのない千冬は、ぷっと口をとがらせたが、彼女のケナゲな心根はついにみとめてもらえなかった。

 高校生なのに「まだ、カガミと相談したことのない」という無邪気さに驚く。極めつきは以下に引用する餃子屋での会話だ。

「自分だけくうと、チュウするとき、ニンニクくさいからな」
「チュウって、なによ」
 千冬の初歩的な質問に、彼はニヤリとした。
「またの名をセップンともいうな」
「わ、いやらしい」

 チュウを知らない女子高生! もしかすると昭和49年にはまだ一般的な言葉じゃなかったのだろうか、と思い、 Wikipediaの「接吻」のページを見ると、「接吻の擬態語としては江戸時代に既に『ちうちう』という表現を見ることができる」と書かれている。へー。でも千冬は知らない。ここまで来るとウブを通り越してなんだか怖い。

 後半に出てくる体育会の場面でも、千冬の過剰なおぼこさを確認できる。これがまた、父兄が観戦にやってきて昼は校庭で家族揃ってお弁当を食べる、小学校の運動会みたいな体育会なのだ。千冬だけでなく学校行事まで幼い。昭和49年ごろはこれが普通だったんでしょうか?
おてんば一年生 本文4
 三郎がショートパンツの後ろに切れ目を入れるという悪戯を仕込んだため、「アベック競争」なる競技の最中にショートパンツが落ちてしまう。露出してしまったパンツは色が白っぽいのでブルマではないだろう。当時ブルマはアウターウェアだったから、そのうえにわざわざショートパンツを穿かないだろうし。つまり、全校生徒と父兄の前で下着を晒してしまうという、ジャンプに載ってるちょっとエッチなマンガに出てきそうなエロハプニングなのだ。普通なら羞恥でいたたまれなくなるはずだが、千冬は三郎に対して腹を立てるものの、下着を露出したことにはそれほど羞じらっていない。(写真の右上に写り込んでいるのは猫です)

 こんなに精神年齢に難がある千冬だが、次郎が自分に気があるということを知り、恋のはじまりを予感させて物語は終わる。
おてんば一年生 表4
 裏はこんな感じ。三郎が持っている謎のふわふわは、カマキリの卵ではなく綿飴です。