政治には保守的な考えを持っているひとが家庭についてはリベラルな思想の持ち主だったり、性のことには凝り固まった考えのひとが経済について革新的だったり、というのはよくあることだ。人間はひとつの軸で語れるものではない。唐突だけど、リベラルと自認しているがみそ汁に関しては保守、というひとやその逆のひとも多いのではないか。

 政治思想の傾向を二次元座標にあらわす、ポリティカルコンパスというものがある。いくつかの質問に答えると、縦軸は政治的価値観、横軸は経済的価値観を示す図に整理され、自分の考えを客観的に知ることができる。そこで私はみそ汁版ポリティカルコンパスを提唱したい。

 日本版ポリティカルコンパスの質問は、「夫婦は同姓であるべき」「小学校の給食は民間委託してもよい」などだ。いっぽう、みそ汁版ポリティカルコンパスには、

 ・顆粒出汁は使わない
 ・みそ汁の実は一種類だけ
 ・じゃがいもを入れてもよい
 ・かぼちゃなど甘い食材は邪道
 ・ベーコン入りもあり
 ・茄子を入れると色が濁って気持ち悪い
 ・トマトは入れない

 といった質問が並ぶだろう。ちなみに私がこの質問に答えると、「はい・いいえ・はい・いいえ・いいえ・いいえ・はい」になる。

 二番めの「みそ汁の実は一種類だけ」というのは、マンガ『美味しんぼ』の有名な回において、新婚の山岡さんが栗田さんのつくる朝食に駄目出しをする場面で言及されている。豆腐とわかめのみそ汁を食卓に出した栗田さんに、「俺は、みそ汁の実は一種類だけのほうが好きだ。実をいくつも入れると、味がにごる」と山岡さんが文句を言うのだ。恐るべき保守性!

 三番めの「じゃがいもを入れてもよい」だが、私はじゃがいもを一般的なみそ汁の実だと思っていたけれど、どうやら世間ではそうでもないらしい。結婚した当初、夫に「じゃがいものみそ汁はべつにいいけど、じゃがいもが溶けてざらざらになっているのは苦手」と言われ、考えたこともなかった価値観に驚いた。そしてじゃがいもはちょっと目を離すとすぐにざらざらになる。

 私はつい先日、ずっと気になっていたが試したことのなかった「みそ汁に卵を落とす」という行為に手を出してみた。仕上げに卵を入れて火を入れ軽くかき混ぜたみそ汁は、鍋のあとの雑炊から米を引いたような感じで想像以上においしく、いままでこれを食べずに損をしていたと反省した。政治的にリベラルでも保守でも個人の自由だけど、味覚に関してはリベラルのほうが人生が愉しくなるだろうなあと思う。