満天の星空はうつくしいが圧迫感があって怖い。広大な宇宙がさらに膨張し続けていることを考えると、恐怖でぞわぞわする。それと同じようなことを、私は増殖し続けるプリキュアにも感じる。

 説明するまでもないが、プリキュアは女児向けのテレビアニメシリーズである。毎年キャラクターや設定を一新するのが特徴で、初代プリキュアがあっさり二代めに切り替わったときはけっこう驚いた。2009年からは、歴代の全プリキュアが登場するプリキュアオールスターズ映画が毎年春に公開されている(ちょうどいま、六作めが全国で上映中)。プリキュア増殖の恐怖は、このオールスターズ映画のビジュアルを見てもらうとわかっていただけると思う。

『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合』
映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合

『映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』
映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花』
映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花

『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』
映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち

『映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』
映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち

『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』
映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち

 画像はすべて映画.comより拝借。女児たちの欲望をかきたてる、毒々しいまでにぎらついたカラーリング。星を溜めて輝く、頭蓋骨のサイズに対してあまりにも大きすぎる瞳。初回は「奇跡の全員大集合」だったのに以降は毎年やっていて特別感がなくなっちゃっているのは、卒業後はじめて開いた同窓会が盛り上がり、定例化したようなものだろうか。年々人員が増えていく間違いさがしのようなポスターを眺めていると、わけもなく不安をかきたてられる。もはや現代アートとして成立しているのではないか。

 プリキュアのことを知らずに「二十一世紀のヘンリー・ダーガー(的な人物)による作品です」と言われたらあっさり信じてしまうかもしれない(ヘンリー・ダーガーはペニスの生えた少女たちの叙事詩を描き続けた、いわゆるアウトサイダー・アートの代表格)。もしも十年後にタイムスリップする機会があったら、まっさきに映画館に行って最新作プリキュアオールスターズのポスターを確認したいと思う。