今月はいくつかの雑誌にエッセイが載っています。まず、講談社の文庫情報誌「IN☆POCKET」3月号の「作家と野球大特集」に野球に関するエッセイを書きました。世のなかには野球マニアの作家さんがごまんといるのに、なぜか野球リテラシーの低い私がしゃしゃり出ており、ほんとうに申し訳ございません……! あっ、でも「野球マニアじゃない立場から北海道に日ハムが来たときのようすを書いてほしい」とのオーダーだったんです!

 幻冬舎のPR小説誌「ポンツーン4月号の「忘れられない味」という食べものエッセイのコーナーに、「合コン号泣ホッケ事件」というのを書きました。そのまんまの内容の話です。「忘れられない味」なのに、味に関しては一文字も書いていないことにあとから気付きました。

 それと、「別冊文藝春秋」5月号の「夜長にはこれ!」というコーナーに「夜屈む」というタイトルのエッセイが載っています。

 どれもいま店頭に出ている号です。「IN☆POCKET」はもうじき次の号に切り替りますが。よろしくお願いします。