先日近所でやっていた骨董市で、古い雑誌を購入した。
明星グラマア表紙
「明星グラマア」、昭和32年発行。これは単独の雑誌ではなく、「明星」の付録らしい。カバーガールは雪村いづみさん。かなりきわどい衣装。

明星グラマア中面
 かしまし娘って、正しくはこの表記だったんですね。姦し娘。

明星グラマア中面
 特集のタイトルは「あなたのグラマア度は!?」。

グラマア《GLAMO(u)R》〈名詞〉魅力、魔力、魅惑…………
英和辞典をひくと、こうでています。
どうやら、わが国では“裸体美”とでもいった意味にとられているようですが、それは大きな誤解といわなければなりません。そこでこの記事は、「グラマア」の意味を考えるとともに、百万女性読者がより「魅力ある女性」になることをねがって、あなたへおくる――魅力のノート――なのです。

 と力んだ前説が載っているが、編集部の啓蒙の甲斐なく、21世紀の日本においてグラマーは“裸体美”どころか“肥満ぎみ”の婉曲表現としても使用されている。

明星グラマア中面
 これがグラマア度テスト表。

(一)あなたが洋服などを新しく作る店は、いつもおなじですか。
(イ)同じ店です。
(ロ)これといってきまっていない。

(二)あなたが洋服などを新しく作るとき、デザインはデザイナーにまかせますか。それとも自分できめますか。
(イ)自分できめる。
(ロ)デザイナーにまかせる。

 初っぱなから、既製服しか買わない現代人には回答できない質問が並ぶ。

明星グラマア中面
 これは「レコードはなぜ売れぬ」という記事。CDが売れない時代と言われて久しい現代にも通じるテーマ。「まず何よりも良い作品が少ない」「企画の甘さ」「歌手の不勉強、不節制」とおもにコンテンツじたいの問題を指摘しており、「YouTubeなどで満足してしまう」「データをダウンロード購入しているから」「娯楽にお金を使わなくなった」などコンテンツの外に原因をさがしがちな現代の思考を反省させられる。

明星グラマア中面
 読み切りのユーモア小説「恋とはいえぬ恋物語」。関西弁の会話が小気味よい、軽妙でチャーミングなラブコメだった。

明星グラマア中面
 広告。睡眠中鼻が高くなる特許隆鼻器アイ・アイ。私は鼻がとても低いのでぜひモニターになりたい。