先日、あんずが安く売られていたので購入した。そのまま囓ると元囚人のハリウッド俳優のダニー・トレホ並みに凶悪に渋かったので、シロップ漬けをつくることにした。1キロぶん仕込んでから調べたところ、私が買った八助という品種は産地である青森では梅干しに加工されているらしい。一気に不安に。さらに「3日後から食べられる」「1ヶ月待て」とレシピによって書いていることがまちまちで困惑したが、ものすごく大雑把にあいだをとって5日後に食べてみた。
あんずのシロップ漬け
 梅干し用だけあって、口に入れたとたん「うひいっ!」となるぐらい酸っぱいけれど、その酸味が夏向きでなかなかおいしい。

 貧乏性の私はお菓子の空き箱をとっておくのと同様にあんずの種をとっておいたので、それを使って杏仁豆腐をつくることにした。まずはあんずの種を割り、なかに入っている仁(元ジャニーズ事務所の問題児・赤西仁さんとは無関係)を取り出すのだが、ペンチで挟んで力を込めても殻はびくともしない。握力のなさには定評がある私は、夫に作業を押しつけて応援(潰される種の気持ちになって悲鳴を上げる等)にまわった。たぶん金槌を使えば多少は楽に割れると思う。
あんずの種
 夫婦の共同作業により、ようやく割れたひとつめの種だが、なんと中身は空っぽだった(種の質感も心なしかダニー・トレホに似ている)。つぎの種もやはり空っぽ。不安に震えながら割ったそのつぎでようやく中身が入っていたが、干からびており小指の爪ほどのサイズだった。赤西仁さんはビッグな発言をするのに、こっちの仁は超スモール。
あんずの仁
 ごくわずか収集できた仁(水に浸けているほう)と、その数倍の体積を誇る殻。この時点でミッションを「杏仁豆腐っぽい風味の牛乳かんをつくる」に変更した。仁の茶色い薄皮は剥がすべきらしいが、歌丸師匠のように完全に干からびていて剥がせそうにないので、そのまま使うことにする。しばらくふやかしていると、杏仁豆腐っぽい素敵な香りがしてきた。
ミキサーにかけた仁
 水170ccといっしょにミキサーにかけるとますます香りが強くなる。昂奮。

濾した汁
 キッチンペーパーで濾す。本来は白濁した卑猥な汁ができるはずだが、薄皮のせいで少し茶色い。

 白濁汁を砂糖35gと寒天2gと合わせて鍋に入れ、火にかける。沸騰するまでかき混ぜて、火を止め、牛乳180ccを加えて混ぜる。ここで杏仁のにおいが牛乳に負けてきた。牛の母乳、植物の種よりも強し。
タッパーに入れた杏仁豆腐
 茶こしで濾してタッパーに流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。苦労のわりにできた量は少ない。

杏仁豆腐
 完成。かなりゆるいのでスプーンですくってよそい、あんずのシロップ漬けを添え、シロップをかけて食する。ちゃんと濾せてなかったのか、少しざらざらした。シロップ漬けは来年のあんずシーズンにもつくるだろうけど、杏仁豆腐に再チャレンジするかどうかは不明。たぶんやらないと思う。そもそもアーモンドエッセンスを使えばかんたんにつくれるんですよねー。

(ちなみにシロップ漬けのシロップは、あんずの風味が溶けているので炭酸で割って飲むとおいしいのですが、みかん缶の汁をジュースとして飲むような貧乏くささを感じて切ない気持ちになります)
(シロップ漬けをつくる場合は、こちらのJA全農長野のレシピを参考にどうぞ)