去年の1月に、劇場で観た映画はブログに記録しようと決めたのだが、3月で止まってしまっていた。もう3月の下旬だけど仕切り直しで今年の1月ぶんから書いていくようにしたい。今年はきちんと12月まで続けたいと(いまは)思っている。いや、せめて6月までは。

『毛皮のヴィーナス』
 ポランスキーおじいちゃんの新作。前作『おとなのけんか』は4人の会話劇だったが、今回は終始ふたりのみ。そういやポランスキーの長編デビュー作『水の中のナイフ』も3人しか出てこない話だったので、最近の流れは原点復帰なのだろうか。
 欲望を介した男女のパワーゲームであると同時に、ポリティカル・コレクトネスについての話でもある。マチュー・アマルリックはものすごく巧かったが、エマニュエル・セニエは役柄的にもっと若い女優のほうがよかったのでは……。まあ、ポランスキーの「この役を自分の奥さんにやってほしい!」という気持ちもよくわかるけど……。文化系隠れミソジニー男である脚本家のトマが断罪される話だが、トマを演じるマチュー・アマルリックが大きな眼を欲望に濡らしてふらふらになってるさまが最高にチャーミングでぜんぜん憎たらしく思えないのが、いいのか悪いのか。まあ眼福だったのでよし。

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』
 クローネンバーグ版『サンセット大通り』あるいは『マルホランド・ドライブ』つまりハリウッド残酷物語。クローネンバーグの前作『コズモポリス』は観ているあいだ完全に置いてきぼりをくらい、自分がなにを観ているのかもよくわからなくなってしまったが、これはちゃんと面白かった。清と濁のコントラスト(まあどちらも狂気ではあるわけだが)が鮮やかで、どす黒く悪意たっぷりの話のわりには後味爽やか。
 珍しく金髪のジュリアン・ムーアは平素と違い(いや、プライベートを知っているわけじゃないけど)最高にバカそうで、ロバート・パティンソンはやっぱりクローネンバーグ作品限定でうつくしくて、ミア・ワシコウスカはキュートで(役柄は凄まじいが)あのボブヘアを真似たいなあと思って映画館のトイレの鏡を見て現実に戻りました。

『ANNIE/アニー』
 祝・ラジー賞「最低リメイク・パクリ・続編賞」受賞! 元シンガーという設定のキャメロン・ディアスがいちばんウタヘタだったのはご愛敬。秘書役のローズ・バーンがチャーミングで良かった。映画のなかでさんざん明るく爽やかな「Tomorrow」を聴いたあとに、エンドクレジットで駄目押しのように流れる平井堅バージョンのねっとり歌唱のハーゲンダッツみたいな味の濃さよ……。

『百円の恋』
 とにかく主演の安藤サクラがすごいボクシング映画。私が32歳だったら、映画館から出るなり近所のボクシングジムを検索しただろう。途中までしつこいシーンやギャグにううーむ……と冷めていた部分もあったが、終盤で肉体の持つ説得力がすべてをねじ伏せてなぎ倒していく。安藤サクラのフットワークのうつくしさ、そして白目を剥いたぼこぼこの顔の壮絶さ。
 トレーナー役のひとは演技とは違う真実味があり、あのジムの本物の従業員を起用したのだろうかと気になったのだが、トレーナー兼俳優とのことで納得。しかし、ホテルで襲われるシーンに笑いを入れてくるのは観ていてもやもやしたし、いま思い出してもやっぱりもやもやする。