読楽4月号
 いま店頭で売られている徳間書店の文芸誌「読楽」2015年4月号に、「フードコートのフラニーとゾーイー」という短編小説を書きました。三十代半ばの双子の兄妹が主人公で、地方都市にとどまり結婚した兄と、東京に出たものの行き詰まっている妹、それぞれの物語を描いています。書店でお見かけの際はどうぞよろしくお願いします。タイトルに入っている小説のファンには怒られるかもしれませんが……。
 ちなみにフードコートのモデルは近所のイ○ンです。
読楽4月号

 それと、昨年「きらら」で連載していた小説を改題した『フィッターXの異常な愛情』も、4月1日エイプリルフールに小学館より発売予定です。タイトルだけでなく中身もけっこう変えてあるので(おもに終盤を)、連載で読んだくださったかたもまた読んでいただけると嬉しいです。発売されたらまたしつこく紹介します。
フィッターXの異常な愛情
 装丁はこんな感じでできあがりつつあります!