無事に確定申告も提出できたので、新刊の紹介をしたいと思います。書き下ろしの長編小説『凜』、発売になりました。講談社より税込1674円です。装丁は鈴木成一デザイン室、女の子の眼差しが印象的なイラストは大野博美さんの作品です。

 

凜

 

 大正初期の北海道のタコ部屋に連れてこられた東京の男子大学生、同じ時期に網走の遊郭へ向かう女性、そして現代の就活生がトリプル主人公のお話です。大正時代がメインの舞台ではありますが、残業時間の上限が100時間に決まったり企業のやりがい搾取が問題になったり芸能界やAV業界で問題が噴出したりしている今日このごろにも繋がる話になっています。資料を調べている最中、100年経ったのにこの国の構造はなにも変わっていないのでは……と怖くなりました。いままで書いてきたものとはかなり毛色が異なる、ザ・新境地って感じなので、世に送り出す側としては緊張で胃から万国旗や金魚を吐き出しそうな状態ですね。

 

 当初はぜんぜん違うタイトルで書いていたのですが、「漢字一文字で!」というオーダーを受けていろいろ考えてこれに決まりました。「豚」とか「腋」とかにならなくてよかったです。凜という漢字には「凜とした」というような意味合いのほかに「寒さが厳しいさま」という意味もあるそうです。ちなみに凜と凛は異字体で、どっちでもいいっちゃいいんですが、凜が正字で凛が俗字とのこと。

 

 書きはじめたのは2015年の6月ごろで、当時取材のためにおとずれた某駅はすでに廃止になってしまいました。そのとき撮った写真があるのでここに載せておきます。小説の冒頭あたりに出てくる駅なので、読めばどこなのかはわかるかと。

 

金華駅

 

金華駅

 

 トイレも自販機もない無人駅。壁には「熊出没注意!!」の貼り紙が貼られている(写真には写っていないけど)。ひとつ手前の駅にあったミニ図書館で司書さんに電車の乗りかたを訊ねると、「その駅に行きたいっていうひとにはじめて会いました!」と驚かれた。

 

金華駅

 

 うっかり電車に乗りそびれて、この駅で数時間過ごしたのですが、そのあいだ見かけた人間は畑仕事をするおばあさん1名、猫は5匹ぐらい。おばあさんと猫どちらからも警戒の眼差しで見られた。

 

金華駅

 

 数軒ある家の大半は廃屋。

 

慰霊碑

 

 小説のなかにも出てくる、タコ部屋労働者の追悼碑。

 

網走監獄

 

 おまけのセクシーショット。網走監獄の刺青が超ドープなマネキンたち。

 なんだか話が逸れてしまいましたが、新刊『凜』読んでいただけますとたいへん嬉しいです。