2018年、あけましておめでとうございます。私はポプラ社のPR文芸誌「asta*」に連載している『エンディング・ドレス』という小説を1月中に書き上げなければならず、大掃除もおせちづくりも放棄して(毎年ろくにやってないけど)しこしこ書き進めている最中です。年賀状は届いたぶんの返信only方式で……。

 

asta

 

 現在出ている1月号で連載4回め。ある理由から死ぬ準備を進めていた32歳女性の麻緒が、エンディング・ドレス=死に装束を縫う洋裁教室に通いはじめ、毎月の課題服を縫い、教室のメンバーと交流するなかで、自分を見つめ直すお話です。私の趣味である洋裁のネタをたっぷり盛り込んでいます。

「asta*」は書店で無料配布されているので、お見かけの際はお手に取ってみてください。北村みなみさんによる挿絵もふんわりした雰囲気でキュートです。今年の前半に単行本になるかな? どうなのかな? という感じなので、くわしいことが決まったらまた告知させてください。

 

 あと、年末に出た『猫とLOVELOVE』(宝島社)という猫ムックに、うちの猫が載っております。「猫に愛される飼い主になる」をテーマに猫と距離を縮める方法をあれこれ解説しているムックです。この本の分類によると、うちの猫は「人見知りのガラスハート猫」に該当するであろう。

 

猫とLOVELOVE

猫とLOVELOVE

 

 仔猫時代の写真と現在の写真が入りまじっているので、写真によってサイズ感がまったく違う……。

 猫といえば、去年の4月に出た『ニャンニャンにゃんそろじー』という猫小説&猫マンガを集めたアンソロジーに「ファントム・ペインのしっぽ」という小説を書いたのですが、このブログでは告知していなかったことに気付きました。

 

ニャンニャンにゃんそろじー

 

『ニャンニャンにゃんそろじー』、講談社より税込1,512円で発売中です。いまさらすぎる告知ではありますが……。

 

 というわけで、取り急ぎお知らせだけですが、2018年もよろしくお願いいたします。