まずはこのとてもかわいい装丁の本を見てください。 発売から1ヶ月半以上経過していまさらの感がありますが、新刊のお知らせです。

 

エンディングドレス

 

『エンディングドレス』、ポプラ社より税込1620円です。上の写真ではわかりづらいですがこの装丁、イラストを描いていただいてそれをもとに刺繍してもらったものを撮影してデザインしています。装丁デザインは山影麻奈さん、もとのイラストは坂本ヒメミさん、刺繍は戸田未果さんです。

 

 ポプラ社のPR誌「asta*」に途中まで連載していた(連載はほんの前半部分だけだったので、掲載時に読んだくださったかたには「そこから物語が大きく動きます!」と声を大にして言いたい)ものがもとになっています。連載時は『エンディング・ドレス』とナカグロが入っていましたが、書籍名は『エンディングドレス』でナカグロが消滅しました。これには深遠なる意味があるわけではなく、デザイナーさんがデザインを組んだときに邪魔だったので取ってもらっただけです。

 

 私のここ数年の趣味のひとつに洋裁がありまして(つくったものを淡々とアップしている味気ない洋裁ブログはこちら)、洋裁をモチーフにした話を書きたいと思ったのがこの小説の発端でした。死ぬ準備を進めていた32歳の主人公・麻緒があるきっかけからエンディングドレス=死に装束を縫う洋裁教室に通うことになり、ミステリアスな先生やほかの生徒さんたちと課題に取り組んでいくうちに……というお話です。洋裁愛をぎゅぎゅっと詰め込んだ1冊になりました。ちなみに各章のタイトルはこんな感じ。

 

エンディングドレス

 

 毎回自分自身を深く掘っていくような課題を与えられ、それについて考えて手を動かし布から服をつくって……という展開になっています。いままで私の出した本のなかでは、いちばん間口の広い、さまざまな立場のひとに楽しんでいただける話になっているんじゃないかなと思います。『エンディング・ドレス』、よろしくお願いいたします。