お菓子づくりというと家庭的で牧歌的なイメージがあるが、私がお菓子をつくるのはなんらかのストレスを感じているときである。会社員時代、終電間近に帰ってきて深夜に菓子を焼くという習慣を続けていた時期もあった。できるのはカロリーと糖質のかたまりなのに、なにかを成し遂げたような錯覚を覚えるのがみそだ。

 とくにストレスに効くのは、パウンドケーキのようなバター→砂糖→卵→粉と混ぜていくタイプの焼き菓子である。うまくやらないと卵を投入する段階で生地が分離してしまうので、とてもスリリングで高揚する。家族が寝ている時間に轟くハンドミキサーの音、キッチンに充満する暴力的な甘い香り。仕事のあとで集中力に欠けているのでうっかり順序を間違えて失敗することもあり、するとストレスが倍増するという諸刃の剣でもある。苛々しながらかき混ぜているさまは、ゆったり穏やかなお菓子づくりのイメージからはほど遠い。

 つくるのが目的なので、できたお菓子は少し摘まめば満足する。とくにパウンドケーキなどバター多めのリッチな焼き菓子は、つくるのは好きだが食べるのはそれほど好きじゃない。最近は自分好みの素朴な味のお菓子しかつくらなくなったけれど、それでも余ってしまう。実家暮らしのときは家族が消費してくれた。甘いものをたらふく食べることでストレス解消するタイプだが糖尿病の心配のないひとが、となりに住んでいたらいいのになあ、と思う。

「職場やママ友の集まりで手づくりのお菓子を配るひとって、なんかアピールしてるみたいで苦手、手づくりって気持ち悪いし」と嫌うひとも多いらしいが、深夜に「ちくしょう○○め! うああああうあああああ!!!」と感情をぶつけながら生地を練っているところを想像して許してやってほしい、と思ったけど、それじゃあよけい食べたくなくなるか。

 以下、最近つくったもの。
カヌレ1
 むかしブームになったらしいが、近年ではめったに見かけないカヌレ。外側はがっちがち、内部はねっちょり、という失敗ケーキにしか思えない食感が好き。レシピはこれ(かんたんだけど3日かかる!)の砂糖を50gほど減らしている。シリコンのミニバラ型で焼いたらまったくカヌレには見えず。

カヌレ2
 型を買って再チャレンジ。正しいカヌレは外側がもっと卑猥に黒光りしているものなので、今度は蜜蝋を用いるトラディショナルなレシピを試したいと思う。

クッキー焼成前
 スペキュロス(ベルギーのスパイスクッキー)、焼成前。レシピはこれの砂糖をヴェルジョワーズではなくきび砂糖にして、15gぐらい減らしている。クッキーはかんたんすぎて達成感に欠けるので、型抜きの工程で欲を満たす。

スペキュロス
 できあがり。砕いた飴を仕込んでステンドグラスクッキーにしてみたが、スパイスの風味とフルーツキャンディは激しく合わない。

スペキュロス
 食べれども食べれども減らず。

 2014年3月に映画館で観た映画は、『アナと雪の女王』『愛の渦』『LIFE!』『ラヴレース』『レゴ(R)ムービー』の五作品でした。以下、覚え書き。

『アナと雪の女王』
 ディズニーのミュージカルアニメ。初のダブルヒロインが売りのようだけど、「根暗で抑圧されていて最後まで男に興味なし!」というエポックメイキングなディズニープリンセスが誕生した映画でもある。「天真爛漫でだれとでもすぐ打ち解けられて恋愛脳」な既存のコンサバな善い娘のディズニープリンセスに馴染めない女児にとって、雪の女王=エルサという新しいプリンセスが救いになればいいなあと思う。
 王子さまと結ばれてめでたしめでたし、とは違う結末に着地した今作を観て、同じアンデルセン原作である(といっても今作は原作とはまったくべつの話になっているわけだけどね)『リトル・マーメイド』は、原作をむりやり改変して王子さまとくっつくラストにするのではなく、ほかのしあわせを見つける結末にすべきだったんだ! と感じた。
 いわゆる毒親問題を扱っていた『塔の上のラプンツェル』といい、最近のディズニープリンセスはコンサバを脱却して現代的なテーマを盛り込もうという意図が見えるので、十年後ぐらいには「からだは男の子だけどこころは女の子」なプリンセスが登場すると予想。
 ところで終盤はミュージカルであることを放棄しちゃっているのは、進行スケジュールに問題があったのでしょうか? 天下のディズニーがそんなこと……と思うが、でも終盤にあと三か所は歌が欲しい場面があったんだよなあ。歌の場面はどれもよかっただけに。

『愛の渦』
 乱交パーティに集った男女のひと晩を描いたドラマ。だれもアクションを起こせずに気まずく時間だけが過ぎていく序盤に、「菓子なんてどうでもいいから酒もってこい! 酒! しらふは厳しいだろ!」と思ったが、現実でも薬物使用を疑った警察が乱交現場に踏み込んだら薬物どころか酒すらほとんど見つからなかった、っていう事件があったし、そういうものなのかもしれない。
 ところでせっかくの乱交なのに一対一のプレイしか出てこないのは、マンツーマンが売りの塾かなんかのつもりなんでしょうか? 違うメンバーによる『愛の渦2』をぜひつくってほしいけど、そのときは複数プレイも盛り込んでください! そっちのほうが人間関係の機微の面白いところを引き出せると思うんだよなあ。あと、女子大生のあの子をあいつが独占しているのも、私はたいへん異論がありますね! ラスト、甘い結末になったら厭だなー癪だなーと思いながら観ていたので、違った方向に話が転がって、すっとしました。

『LIFE!』
 ベン・スティラー監督・製作・主演の……なんだろ……人間ドラマ? 少なくともコメディではない。雑誌「LIFE」の写真管理部で働く空想家で冴えない主人公が、あるものをさがして世界に飛び出していく話なのだが、そのかんじんの“あるもの”に対して「ん? そこにあるんじゃない? ちゃんとさがした?」と思っているうちに話がどんどん進み、結局最初に予想したとおりの場所から出てくるので、私がこの主人公だったら開始十分で終わってしまうよ……と思った。だけどアイスランドの風景はうつくしくて魅力的で、行きたくなりました。

『ラヴレース』
『ディープ・スロート』で一世を風靡した伝説のポルノ女優、リンダ・ラヴレースの半生を描いた映画。前半はカトリックの両親と暮らす娘が恋をして家を出てポルノスターになる過程が描かれているが、後半では時間軸が行きつ戻りつし、その陰で夫から振るわれていた暴力のことが暴かれていく。ポルノ女優の話と聞いてエロ目的で観に来た男性客が、後半のDV話で萎えたであろうと想像すると、「ご愁傷様」という気持ちが半分、「ざまーみろ」という気持ちが半分。
 もうちょっとポルノ業界の華やかでいかがわしい部分を見たかったのが本音だけど、引退後に反ポルノの活動家となったリンダ・ラヴレース本人への敬意を込めたつくりになっているのでしょうがないかなあ。本人の自伝をもとにしているので、「たった一本しかポルノには出ていない」という嘘をそのまま採用しているのは、まあ、どうなんでしょう。
 アマンダ・セイフライドはとってもチャーミングだし、ちゃんと脱いでいますよ! 垂れぎみの乳房がナチュラルでプリティ!

『レゴ(R)ムービー』
 ブロック玩具のレゴを題材にした3Dアニメ。炎や波や煙といったエフェクトまですべてレゴでつくられている映像は、とても楽しい。おしごと大王の頭部にマグカップのパーツがついていたりとレゴのパーツひとつひとつに対する愛を感じられるし、さまざまなパロディネタがおなかいっぱいになるほどてんこ盛り。ものづくりはクリエイターだけのものではなく万人に解放されている喜びである、というニコ動賛歌のようなお話だった。終盤の展開を真に受けた子どもがお父さんの鉄道模型を破壊して家庭が大惨事、という事件が起こっていないことを祈ります。
 そうそう、予告編に登場する「いまでしょ!」「じぇじぇじぇ」「お・も・て・な・し」などは本編にいっさい出てきませんので、ご安心を!

 そろそろ春ですね。今回は、新たな季節を彩る猫のためのファッションアイテムをご紹介しましょう。
猫2
 中央線沿線に住むことに憧れている、地方の少女風コーデ。

猫1
 これに赤鉛筆と競馬新聞をプラスすれば、場外馬券売り場でたたずむダンディガイ風ルックに。

猫3
 猫も人間も冷えやすい耳は、ニット帽でガード。

猫4
 頭にカラーレンズ眼鏡を載せる、所ジョージスタイル。

猫5
 60'sな横顔。ボトムはもちろんパンタロンを合わせて。

猫6
 いい加減にしろ! とはたき落とされた。

ドール
 ほんとうは猫用アイテムではなく、家にあったドール小物です。